スポンサーサイト

ボリビア永住

photo credit: wili_hybrid via photopin cc

 いつかは「ボリビアに移住したい!」というあなたのために。

おそらくは日本中で片手に入るほどの人数であろうあなたのために。

ボリビア永住ビザ取得のメリット

4年以上滞在する場合は永住ビザを取得するメリットが出てきます。

一度永住ビザをとってしまえば5年おきにCornetという書類の更新だけでボリビアに滞在することが可能です。

ボリビアでの永住権取得 ~前置き~

この記事をご覧頂いている方はもうご存知のことともいますが、ビザの申告にかかわらずボリビアで何か手続きをする場合には以下の点に留意する必要があります。

  • ボリビアではすべての手続きがとってもゆっくりです
  • 賄賂が当たり前のようにまかり通っています
  • 法律が予告なく変わる場合があります

※そのためこの記事に関して予告なく編集・追記がなされる場合があります。この記事に関連して生じたいかなる損害にも責任を負えません。

以上をふまえつつ、手続きのおおまか流れをご紹介します。

ボリビア永住ビザ取得の流れ2014

下記がおおまかな流れです。

  1. 30日目的ビザの取得
  2. 1年ビザの取得
  3. 2年ビザの取得
  4. 永住ビザの取得

ボリビア永住ビザ取得にかかる費用

まずは30日の目的ビザと1年ビザ取得にかかる大まかな金額です。

項目 費用(参考) 備考
30日の目的ビザ Bs.2500
一年ビザ Bs.1400
血液検査手数料 Bs.170
住民登録 Bs.80
国際警察無犯罪証明書 Bs.100
公証人 Bs.70
申請書(Memorial) Bs.100
身分証明書(Cornet) Bs.500 一年ビザ必須
手続人手数料 Bs.7,000 自分でやれば不要

補足

手続き人とは

弁護士ではありませんが弁護士の判子を自由に扱える手続き屋さんです。一般的にはBs.7,000=100,000円前後で1年ビザの取得の面倒をみてくれます。この金額はピンきりです。

無犯罪証明書

日本で取得していくこともできますが、日本で取得してからビザ申請までの間の無犯罪証明書が別途必要になりますので、二度手間になります。この証明書を作成するのに数ヶ月単位で時間がかかります。

申請書(Cornet)

弁護士が作成する書類です。預金がいくらあるとか、どうやって整形をたてるかなど、「ボリビア政府にはご迷惑おかけいたしません、だからビザをください」という趣旨の書類です。

ボリビアで永住ビザをとる方法 ~まとめ~

 ボリビアは南米の他の国々に比べて手数料は高いが、お金を払えば取れる。と言われています。

法律がコロコロ変わったり、取得までに時間がかかったりとハードルは多いですが、手続き人にお願いすれば割りとスムーズに取得することができます。

ボリビア永住ビザ取得のお手伝いできます

  • メールによるご相談(初回無料)
  • 優秀な手続き人の紹介(有料)

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

ボリビア永住ビザ取得に関するお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容(必須)

下の画像の文字を入力し送信してください

captcha

Author Profile

MASTER
MASTER

Masterはボリビア永住ビザを保持し、日本語とスペイン語をビジネスレベル話せるバイリンガルです。ボリビアと日本をつなぐお手伝いを致します。