スポンサーサイト

「安全なインフラ整備。」

これは先進国とか途上国とか関係なしに

世界共通の課題だと思います。

2012年の山梨県の笹子トンネル天井板落下事故は記憶に新しいところですが

適切なメンテナンスを行っていくのは簡単なことではありません。

例えば橋などは、50年が改修の一つの目安とされているそうですが

2030年には全国の15万5200の橋梁のうち、54%の橋が築後50年を超えるとのことです。

今回ボリビアでおきた事故は日本への警鐘とも言えるのではないでしょうか。

ボリビアコチャバンバの幹線道路で橋が崩落

今月28日、コチャバンバ地方の大きな橋が崩落する事故が起きました。

死者もでたこの事故は

サンタクルスとコチャバンバを結ぶ主要道路で発生。

経済的にも大きな損失となることでしょう。

Reportan un muerto por caída de puente en trópico cochabambino

 

事故現場san pedorito橋↓

ボリビア橋が崩れる

Googlemap

Author Profile

リュータ
リュータ
海外生活4カ国目の南米ボリビア。資源が豊富なこの国はなぜ貧しいのか・・・年収20万のボリビア人は年収200万の日本人よりはるかに富んでいるとか