スポンサーサイト

夕食が含まれないツアーに参加する方なら、夕飯はウユニの街でということになるだろう。

そんなあなたにお勧めしたい店がある。

「ぐるなび」にはもちろん、「歩き方」にも載っていない、「美味しんぼ」には近く掲載されるかもしれない名店である。

駅前徒歩5分。比較的華やかなレストラン街のワンブロック南西に位置する。

ウユニ駅前は中心通りからワンブロックそれるだけで、賑やかなメインストリートが嘘のように急に人通り(主に外国人)が少なくなる。

この「MILAN CENTER」を見つけたきっかけは、メインストリートのある店に入ったことがきっかけだった。

外国人が殆どを占める夕食時で、しかも満席の繁盛店に入ったのだが、その価格が「ボッタクリ」そのものだったのだ。

例えば、ボリビアの基本生活必需品、我らがコカ・コーラ2Lが、なんと

36ボリ。日本円で約540円

540円と、聞くと「そうでもない」と感じるかもしれないが、

近くのメルカドでの相場価格が10ボリ(150円)なので、3.6倍。

日本でいけばコカ・コーラ2Lで1,000円くらいの感覚だろうか。

 

おそらく高山病で脳に血が十分に回っていないヨーロピアン

「輸送費がかかってるからだよ、ここで食べチャオ」となるのだろうが

ボリビア在住7年目の金銭感覚が恐ろしく研ぎ澄まされた小生にとって、

この36ボリのコーラを出す大衆食堂はNUNCA(ヌンカ)=ありえないのである。

(5つ星ホテルのレストランでも、せいぜい20ボリといったところだろう)

しかも価格の36の部分をよく見てみると、26ボリの2の部分を強引に3に書き換えた跡。

きっと、

「36にしてもこいつら買うぞっ、へっへっへ。」と、書きかえたのだろう、

どこのボリビア人も一緒か・・・

 結局、その後、同じ通りを幾つか見て回ったがこれといった店がなく、

この通りを「ボッタクリストリート」と呼ばせていただく事にした。

繁華街で酔っぱらいのサラリーマンを狙った風俗店の「ボッタクリ」ではない、

プチ高山病の旅行者に漬け込んだ極めて悪質な「ボッタクリ」なのだ。

Wikipediaに「ボッタクリストリートとは」で、寄稿したいくらいである。

そんなこんなで、諦めかけていた時に、ワンブロック隣で見つけたのが

「MILAN CENTER」である。

MILAN CENTER

店内は清潔そうなのだが、客は一人もおらず、恐る恐る、メニューを見せてもらうと、ピザも飲み物も良心的な価格。

ピザはこの店で焼いているかと尋ねると、「Si(そうだよ)」ということで、挑戦してみることにした。

ピザ、パスタ、スープ、ハンバーガーと、ひと通り試したが、どれも味も良く、ボリュームも十分だった。

食べきれない分を

「朝食用に持って帰っていいか」

と聞くと丁寧に包んでくださり、接客もとても気持ちよかった。

そして、関心したのが店主の息子。

4,5歳だろうか、両親が働いている間、店内で遊んでいるのだが、突然近づいてきて、

「5ボリ落としたましたよ、おじ様。」

(落としたよ、おじちゃん。とも訳せるが、小生の脳は瞬時にこう訳出したのだ)

と差し出してきたのだ。

 IMG_1724

「拾ったものは僕の物。」「とれる客からはとれるだけ。」

が当たり前のボリビアで、こんな子がいるとは・・・・

実際、小生が落としたものではなく、それらしき人も周りにいなかったので「君のだよ」と返したのだが、ご両親の人となりがかいま見られた瞬間だった。

ただひとつ残念なのは看板と店内照明が少し暗いこと。

雰囲気がもう少し明るくなれば間違いなく繁盛するだろうに・・・

ということで、ウユニ駅近くで食事の際はぜひぜひ立ち寄っていただきたい。

電車のウユニ駅を出たところをまっすぐ歩けばぼったくりストリート。

レストランだけでなく旅行代理店、ホテルが立ち並ぶ。

賑やかな繁華街という様相だが、おいしくて良心的な値段のピザにありつきたいあなたは、

駅を出たら勇気を出してへ。一ブロック程歩けば右側に見つけ られるはずだ。

同じ「駅から歩いて1分」でもまっすぐ歩くか、左に向かって歩くかで、値段が倍近く違うなんて!!

MILAN CENTER

※ボッタクリストリート全店を確認したわけではなく、優良店もあるかもしれないのでぜひこちらのストリートにも足を運んでもらえば面白いと思う。

Author Profile

アマノ
アマノ
「会社を辞める」か「ボリビア勤務」かの究極の選択で後者を選んだ社畜です。「社畜=アマノ」としてくださっても結構。愚痴が多くなりますが、ボリビアの全てを余すところなく吐き出します。目をそらしなさんな。