スポンサーサイト

スペイン語

日本人向けの英語教材テキストは本当に充実していますが、いざスペイン語となると本屋の片隅で選択肢はわずか数冊。手に取ってみてもいまいちしっくりくるテキストがない様に感じます。

そこで今回は実際に使ってみて役立ったスペイン語学習教材やツールをご紹介したいと思います。

英語→スペイン語の教材で学習する

日本人向けの英語教材は実に充実していますが、いざスペイン語のテキストを探すとなかなか良いテキストが見つかりません。ところが、英語からスペイン語を学ぶための教材は実に充実しています。英語が少しはできるという方には英語→スペイン語の教材をおすすめします。英語力のアップにもつながりますよ。

Madrigals Magic Key to Spanish

英語→スペイン語教材のベストセラーテキスト。すでに覚えている英語を元に、ちょっとしたルールや規則性を覚えることでスペイン語を話せるようになる。というコンセプト。全496ページでボリューム十分。もちろん全部英語ですが、簡単な英語を使いながら繰り返しの学習も多いので日本人でもついていきやすいテキストです。

Kindle版

Barron’s 501 Spanish Verbs (501 Verb Series)

こちらもベストセラーで有名な単語集。スペイン語動詞の活用がずらり。一冊持っておきましょう。

日本語→スペイン語の教材で学習する

英語は苦手という方に日本語からスペイン語の学習テキストで比較的役だった教材をご紹介します。

ゼロからスタートスペイン語 文法編

字も大きく、タイトルにあるようにゼロからスタートする時にお勧め。話すためというよりは、文法の初歩的な部分を理解しながら簡単な表現方法を覚えていくというコンセプト。まずはじめの一冊としてはお勧めです。

カラー版 CD付 スペイン語が面白いほど身につく本 (語学・入門の入門シリーズ)

再版が繰り返される人気の入門テキスト。読み物として面白く、飽きさせない作りになっています。面白いほど身につくかは?ですが、ボリュームの割にはリーズナブルかと思います。

Author Profile

リュータ
リュータ
海外生活4カ国目の南米ボリビア。資源が豊富なこの国はなぜ貧しいのか・・・年収20万のボリビア人は年収200万の日本人よりはるかに富んでいるとか