スポンサーサイト

コーヒー

photo credit: Kumaravel via photopin cc

 コーヒー好きの方ならこの言葉一度は聞いたことがあるはず、

「カップオブエクセレンス受賞」。

英語ではCup of Excellenceと表記します。

カップオブエクセレンスとは

このカップ・オブ・エクセレンスは最高品質のコーヒーにのみ与えられる栄誉ある称号とされています。

では誰が”最高品質”と決めるのでしょう。

運営しているのはAlliance for Coffee Excellence Inc.というアメリカの非営利団体。

このACEに所属する審査員、(カッパーと呼ばれるスペシャリスト)が、

「むむっ、この酸味・・・星3つ!!」

というふうに各国のコーヒー豆の採点を行います。

そしてその採点結果とサンプルを元にオークションが行われ、

落札額のかなりの部分を農家に還元することで、良質のコーヒーを増やしてくという仕組み。

これによって、コーヒー農家は品質の高いコーヒーを栽培することで利益を得ることができますし、落札者は顧客に品質の高いコーヒーを提供できる

実に素晴らしい取り組みなのです。

ボリビアのカップオブエクセレンス

ボリビアがこのカップオブエクセレンスに参加したのは、2004年のこと。

ボリビアは土壌が豊かなため、オーガニック栽培にも適しており、言わずと知れた標高の高い地域も多いですから、その評価も高いものでした。

例えば2009年はなんと1位~7位までがプレジデンシャルアワード(90点以上)を獲得。

通常は各国2農園くらいしかたたき出せない、90点超えを7農園が受賞したのです。

カップオブエクセレンス

しかしながら、ボリビアがカップオブエクセレンスで歴史的な高評価を得た2009年は、奇しくもボリビアが参加した最後のカップオブエクセレンスとなりました。

カップオブエクセレンスのサイトを見ると、参加国一覧にボリビアの名前はもうありません。

カップオブエクセレンス

ボリビアのコーヒーをボリビア国外で安定的に供給することには様々なハードルがあることは間違いありませんが、

そのハードルを超える価値が十分にあることを、カップオブエクセレンスの評価は裏付けているのではないでしょうか。

カップ・オブ・エクセレンスWEBサイト

Author Profile

MASTER
MASTER
Masterはボリビア永住ビザを保持し、日本語とスペイン語をビジネスレベル話せるバイリンガルです。ボリビアと日本をつなぐお手伝いを致します。