スポンサーサイト

日本に住んでいる時から思っていたんですが

セキュリティの厳しいビルとか、学校とかでもいいんですけど、

日本て、「作業着」着てれば簡単に「入場」できてしまうところ多いですよね?

もちろん昔よりは厳しくなっているとは思いますが、

海外と比較しても、日本人は「作業着に騙されやすい国民」と言えると思います。

 

で、

なぜかと考えたんですが、

これはあくまで僕の考えですが、

「ユニホーム文化」といいいますか、

「この仕事」の人は「この格好」みたいなのが

他国よりも確立されているから。

だと思うんですね。

まあ、他にも色々とあると思うんですが

その理由はさておき、

そんな日本人がボリビアでよく被害に遭うと聞くのが


「偽警察詐欺」。




外務省のホームページなんかでも紹介されていますが

犯行の手口はこんな感じ、

1、仕掛け人の外国人旅行者が近づいてくる

2、偽警察官が近づいてきて仕掛け人の所持品検査を始める

3、その流れで被害者にも所持品を出すように言われ、盗まれる。

 

仕掛け人の旅行者は一緒にタクシーに乗ってきたり、

タクシーの運転手がグルになっていることもあるみたいです。

対策としては、「法的に警察官は路上で所持品検査をすることはできない」ので、

「近くの警察署でなら全て見せる。」と訴えること。

 

で、こうやって冷静になっている時はいいんですが、

いざ警察官の格好の人に言われると

「強い先入観」「冷静な判断力」を奪ってしまうんです。

 

僕の友達に「気持ちいいくらい天然の方」がいらっしゃいまして、

ナッちゃん(NATURAL=天然)て呼ばれてるんですが、

でも、すごい優しい子なんですが、

まさに、先ほどの手法で

(仕掛け人の)ペルー人と、(偽)警察官から

所持品検査を名目に車に連れ込まれたんですが、

幸運にも、すぐそばに警察署が見えていたので、

「警察署でなら所持品をだす」って言ったところ、

「すぐ済むからここでだしなさい」と警察官。

さすがに彼女も怪しいと思って

走って脱出し、事無きを得たのですが、

その彼女、

「私は大丈夫だったけど一緒に乗ったペルー人は全部取られたと思う!」

って仕掛け人のペルー人の心配してましたからね。

ナッちゃんはすごい優しい子なんですが。

 

 

 

 

Author Profile

田中慎也
田中慎也
ボリビア人の気質とこの国の風土が大好きなんですよね。ボリビア永住権取得済み。日本へは免許の更新以外では帰国していませんが、それももういいかな。好きなアーティストは久石譲です。